歯医者の話とちょっと本の話。




はいー。お元気ですー。

急に寒くなりました。

猫も寝床に困って人の膝を借りようと必死についてくる今日この頃です。

ファッションイラスト結構頑張って投稿してるでしょ?

頑張って描かなくちゃ!ってのもありますが

単純に秋冬の服むちゃくちゃ欲しいけど今月はお金がかかることが多くて

自重するためにその欲望をイラストにぶつけてるだけですはい(ゴゴゴゴゴゴ







タイトル通り、歯医者の話とちょっと本の話。







今年に入ってから歯医者にハマってます。

通うのがものごっつ楽しい。



ずーっといい歯医者に出会えなくって、なんならヤブ医者も当たったこともあって。

口コミもイマイチよくわからんしで身近にいい歯医者さん行ってる人おらんかなと。

そんなことを考えてたら2年は過ぎてたかな。

そいや両親とも歯医者の友達おるやんと今年になって思い出して相談したら

すげー家の近くにいい病院があると。

なんなら友達のお母さん昔働いてたしで早く聞けばよかったっていう。

2年位悩んでたのにその子に相談して5分で解決です。




そんなきっかけで今年の頭くらいからずーっと通っております。

いや、まじで。

腕のいい先生。

今まで通ってたどの歯医者さんにも言われなかったことや、

私自身が気にしてる箇所を全部言い当てたので

ゴッドキタコレ!!!!と大興奮です。

元々噛み合わせや外科の手術も得意な先生だったかなんからしく(ふんわり

友達ンチの家族や親戚も子供の頃から通っているとのこと。

医院長の年齢は知らないですが、この先生がお元気なうちに

悪いとこ全部治したるんやと意気込んだもんで

最初悪い場所だけ治療しようと思ってたのに

結局欲が出てマウスピースは作るわ、ホワイトニングやるわですげー長〜く通ってます。



てかね、実はね、今回凄い前から予定してた『歯の移植手術』の日程が決まって

ビビり倒してこの記事書いてるんですね。

むっちゃこえええええええええ!!!wwwwwwwww


歯の移植とはなんぞやと言う方に簡単に説明するとですね。

抜歯せざるおえない所にですね、自分のいらない親知らずなどの歯を抜いて

抜歯した場所にええい!移植してやれ!

こういうわけですよ。

わからない方はもうググって頂いてですね。

とにかく上の親知らずを下の抜歯した奥歯の変わりにするっちゅー話です。

術後は全治3ヶ月ちゅーとこですかね。(怪我じゃねーけど)

そりゃそうですよね。

移植だから骨と歯茎が新しい自分の歯を定着させて

細胞が再生するんだかなんだかよくわからんけど…と色々考えたら

骨折みたいなもんですな。(捻挫もしたことねーけど)

いや、もっと良い例えを思い出した。


接ぎ木みたいなもんです。


これすげー良い例えだ。





てか先生に歯の移植するかーって凄い気楽に言われて

テレビでは親知らずを移植できるっての聞いたことがあったんですけど

どうせ最先端の病院か都会の歯医者でしかできないんだべとか思ってたんで

まさかこんな短でしかも小さな町医者で出来ちゃうとか軽く感動。

まぁたまたま先生がそれを専門とした方ってのもあるんですけどね。

凄いラッキーだし、今普通に出来ちゃうんだーって

何も考えずその時気軽にはいとか言った数日後ですよ。

友達にそれを自慢げに話したら

『それ友達もやったって言ってたわ 凄い痛いんだってね』つって。



帰宅後速攻グーグル先生で調べたらもうガクブル。



私親知らずとかの抜歯も結構平気なタイプで

血も出なきゃ痛みも腫れもなかった子なんで

痛いとか考えもしなくって。

今までの歯医は者結構痛い思いさせられてたんですが

今の歯医者になってから慎重にやってくれるもんで

痛いとか一回もなかったし(強いて言えば先生が若干口引張て痛いくらい)

なんなら治療中ガチ寝する勢いだったんですよ。


もうビビっちゃってブログ書いてますよね。


治療内容も土台になる歯茎の中の顎の骨を

移植する歯のサイズに削ったりするし、

その後そこに新しい歯を無理やりねじ込むわけだからそりゃ痛いわけで。

しかもそんな痛い思いしても定着する確率自体もマチマチとからしいです。

無駄に知識入れちゃって怖くなった次の週に先生に聞いたら

『失敗することもあるけど…まぁつくんじゃない?』とクソ曖昧。

しかも私口がでかいもんで親知らずが綺麗に生え揃ったという理由で

今迄の歯医者さんにスルーされて移植できるスペアの親知らずが2本もある。

つーことはワンチャンどころかツーチャンもある 笑

(因みに今の歯医者さんでは親知らずをすでに2本抜かれてます)



私『最終親知らず全部定着しなかったらどうなるんですか?』

先生『部分入れ歯だけど…若いのに入れ歯嫌でしょ?インプラントだね』

私『…インプラントって移植より高いんですか?』

先生『そらそうよ!!』

(インプラントの値段の一覧をみさされる)




5万〜。



私『絶対成功させてください』





わし、結構大人なのにインプラントの値段 知らず。

てか全治三ヶ月で痛い思いしてその間ベビースターラーメンも食えず、

結局定着せずにインプラントで高額請求されるとかもう最悪のシナリオすぎる。

(最近のマイブームがベビースターラーメンで食べられなくなる恐怖で食いまくってる)



でもね、聞くところによるとまだインプラント代としては良心的なんですって。

そもそも抜歯しなくちゃいけなくなったのも前の歯医者さんの治療のやり方が

若干杜撰でそれを歯医者難民になった期間に悪化させてたみたいで。

どうにか自分の歯を残してあげようっていう先生の気持ちは通ってて痛く感じるし

信頼してるんでね。

大人だから頑張ろうと思いますよ。

頑張るの先生だけどね。



(ただこの先生、普段淡々として荒いから指が鼻の穴に入るんじゃないか

ってくらい雑なときあるんだけど移植の日程決まった時に

初めて嬉しそうな顔を見てどSやと確信)



それでもこえーもんはこえーよ 笑

これを期にまじで全部治ってからも定期的に検診に来て

もうドリルせんのかい!くらいの歯を維持していくことを私は誓った。

まじで。

経過はね、めんどくさくなかったら書こうと思います。

気分屋です。

ええ。

ちな、移植の後はさらに下の歯のホワイトニングと

歯茎のピーリングするんや。

友達に何を目指してるん?言われたっす。






















そしてそしてー

相変わらずどうでもいい話を長々しましたがー

先月末にようやく 白い文の書籍 届きました〜。

自分のイラストの製本の度合いも確認したし

本文も改めてぜーんぶ読みました。


なんかもう感無量。


自分が思ってる以上に自分のイラストもマッチしてて(おまいう


てかね。

すっごい感動したんですよね。本の内容に。

だから感想が少し言いたかったんで壮大な前振りと共に

書かせていただきました。



白い文さんを知って長いのですがTweetの言葉を見てそういう気持ちあるなぁと

共感することもあったけれど陶酔するまでも心が動いていたかと言うと

本音できていなかったように思います。

1冊にまとめられた『言葉』を見て改めてそれを実感したというか。


どちらかというと文章や言葉のチョイスにばっかり目がいってて

何なら恋する気持ち忘れてんなー…

正直原因はこれが一番かと 笑


私一応既婚者なんですけど交際期間むっちゃ長いもんで

そういう気持ちとか思い出すことがあっても今感じることがやっぱ少なくて。




ただこの本の後半部分ですよ。

衝撃。

まじやばい。

もうすっごい昔の嫌な思い出も良かった思い出も含めて走馬灯。

蘇ってきちゃってもう凄かった。

すっっっっっっっっっごい胸が騒ついて嫌な気分になったんですよ。

それはもう自分でもびっくりするぐらい。

これは貶してるんじゃなくって

それくらい胸を突かれたというか。



私が唯一凄く引きずってた失恋の思い出がそこには全部書かれてて。

後半の言葉は全部当時の私そのもで。

折角長い時間かけて傷を癒し、思い出にしてきたものが

この本を読み進めて行くほどに全部抉り出されたような気分になったというか。

それはもうショックですよね。

お世辞抜きに久々泣きました。


Twitterで見るのと本で見るのと本当に全然違います。

最初この本は今までの言葉と書籍用に考えた言葉を

ただ羅列しまとめた本だと思ってました。

けどちゃんと一冊の物語になってるんです。

なのに360度どんな恋愛から見ても、誰から見ても

全部自分の事がそのまんま書かれてるような気分になる。

ストーリー性もちゃんと感じられるから

ちゃんと物語を一冊読んだ気分にもなるんです。

これなんでそう言う気持ちにさせるんだろうなって

ずっと考えてたんですけど

多分読んだ人が自分を投影させてるから

自分の思い出とリンクした瞬間に

言葉が繋がってストーリーに変わるんだなと思ったんです。


すげートリック見ちゃった気分になったのと同時に

これを考えた白い文さんも凄いし

それを最初から知ってたかのようにフォローしてた女の子たちの感受性と

鋭いセンサーに私まじでいい大人なのに全然わかってなかったんだと。

同じ女として終わってんなと思いました(ゴフォッ



コラボさせてもらってるからお世辞で言ってるとかじゃないです。

ここに来てようやく理解したという感じです。正直。

私の挿絵の世界観っていうのが白い文を読み、陶酔した女の子が

少しずつ言葉に包まれ、染まり、高揚、そして朝を迎える。

しかし現実の世界でもそれは続くんだよと言ったメッセージでした。

私自身この挿絵に込めた思いに最初不安があったんですけど

一冊読み終えた時に初めてちゃんと自分に落とし込めた気がしました。




本出てからやっぱり気になって白い文のエゴサしてたんですよねー。

そん時に白い文の言葉とか簡単にかけるとか言っちゃってる人を

うっかり見つけちゃったんですよ。

裏垢作ってこっぴどく叱ってやろうかと思いましたよ。

いやまじで無理。

この本読んだら土下座させる自信ある。

まずこれ一冊にまとめること自体大変だし

ご本人がお仕事の合間いに頑張って〆切りずらしてまで

いいものを作ろうと書籍用の新しい言葉を含めて200ページ以上。

なおかつ本として成立する言葉並びだったり。

そしてこれだけの人に伝わるものになってることも凄い。

簡単にできることじゃない。

今になって思うとタイトルも聞いた時わかってたようで

ピンときてなかったと思うわ。

簡単とか言った奴も私も反省。





本を通り越して白い文さんに共感しまくって

手にとってツイートしてくれてる子見ると

自分のことのように嬉しくて仕方ないです。

(むっちゃスクショしとる。そこは自分が描いた表紙だからだがな



学生さんにはお高い値段かもしれませんが

まだ悩んでる子、無茶苦茶読んで欲しいです。

年末までに頑張ろう 笑

多分、いや絶対後悔しない。

だってただ製本できたやったー!って浮れてた私が泣いたんだもん。




過剰な宣伝だと思われそうだけど 笑

素直にそう思ったんでそれを伝えたかっただけです。

まぁ私みたいなのが紹介しなくても

いいものは絶対伝わってくしね。

そして歯医者の話してごめんな。







まだこの本に巡り合えていない人が

この本に巡り合えますように。





それでは。






















スポンサーサイト

本日、白い文『この言葉を私はあなたと呼んでしまう』販売開始。


お久しぶりですー。

すっかり夏…を通り越して秋の雰囲気を感じる今日この頃です。

むっちゃサボったー。

夏むっちゃ遊んでたー。

数ヶ月もあいてもたー。

全然悪いと思ってねぇー。







ということで…久々の記事が宣伝になってしまって申し訳ないです。

早速ですがこちら↓

白い文さん 『この言葉を私はあなたと呼んでしまう』

書籍、本日発売になりました〜。

解禁〜。

ななななななななんと挿絵と表紙をを描かせていただきましたドヤァ。


去年Twitterで白い文さん(旧:少女ナイフさん)とコラボ企画で、言葉と一枚絵でコラボをさせていただきまして。

その白い文さんが少女ナイフ時代に出されていた本の第二弾を作るということで、

声をかけていただきました。


いやー。

もう絶対ないと思ってたわー。

不意突かれたわー。

なんなら久々メールいただいた時なんか悪いことしたかと思ったわー笑

そしたらまさかの書籍の挿絵ですよ。

一枚かと思ったらまさかの一冊まるまる。

少女ナイフの第一弾の書籍が凄い人気だったのも知ってたんで

え、それ大丈夫ですか?って確認した上に、責任重すぎて最初

出来ないかもしれないってごねたわー。



あれ、デジャヴやこれ。

前回のコラボの時も同じこと言うてた 笑


まぁ、私にそれだけの器量があればすぐ受けれたんですけどね。

実際何度もご本人に私は女の子イラストメインでずっと描いていて、

構図とかもわかんないし、背景とかもまーったく描いたことが無かったんで

こういうのが欲しいと言われてもきっと希望に応えられない場面が出てくるし、

根本絵が下手なのもわかってるもんで、何より白い文を好きな人が買う本だから

あまりにクオリティーが低いイラストが添えられていると、邪魔にしかならないかもしれない。

と最初にしっかり言い訳を伝えてましたからね。(自信なさスギィ


でもね、やっぱり白い文さんは言葉の人なんですよね。

それでも一緒にやりたいと言ってくださったのが私の中で一番大きくて、

前回もそうだったんですけど、やらせてください!頑張ります!と思わせてくれる力を凄く持っている方です。

しかもちゃんと責任をもたせてくれる言葉もくれるので、自分がこの本に携わる上で出来ないことを

克服していったり、今以上に絵が上手くならないといけないという向上心を沢山くださいました。

(しかし仕上げるのは安定して遅い)

私にとって一番大好きな絵を描くという行為は、同時に自分の自信のなさを改めて感じさせることが多いです。

そんな私に自信とチャンスを与えてくれたのが2回とも誰でもない白いナイフ(少女ナイフ)さんだったんで

私にも思い入れが深い書籍になりました。

ほんま、ええ本やで。

(5冊は買って友達に配る




でも嫌な人おるやろうなぁ…

販売開始になって改めて思ったわ…。

年齢層的に対象者すべての人が漫画絵に柔軟性のある方ばっかじゃないから

なるべく写実を多くはしたんですけど。

そもそもに私の絵が受け入れられるかはまた別の話なんでね。

あの、多めに見てやってください笑


制作中の話ですが

依頼自体は結構前にいただいてたんですけどだいぶ苦戦しました。

すべての納期ギリギリで提出するという始末。

販売ギリギリまでやりとりしていただいて結構バタバタしたんですけど

チェックの時に明確なアドバイスいただけたので切り抜けられた感じです。

イメージがしっかり固まっている方だから多分やりやすい方だったのかもしれませんが、

自分の技術の足りなさと制作の遅さにマジで苦戦した…。

特に一番最初に取り掛かったのが表紙で、しかもいきなり背景画だったんで

これに一枚に1ヶ月はかかってます笑

そしてこの前に自ら2枚ボツした…。

ちなみにさっき言いましたが、私は背景を描いたことがありません。

パース、一点透視図法とか全く皆無だったので

実際の風景を1日かけて撮影に出かけてそれを明度を上げて飛ばし、当たりだけトレース。

あとは地道に地道に描き込みを続けて1ヶ月です。

いくら手描きしてると言っても当たりをトレースしてるんで、

せめてしっかりした描き込みにして手間をかけたわけです。

上手い人からしたら下手っぴやなーかもしれんですが、個人的には

すげー頑張ったんでもう言うことはない…。


いや、あえて言うなら背景を線で表現するということに慣れていなくて

背景画をついつい明度でごまかしてるところはありますが、ご愛嬌ですわ(居直る

デジタルでやってるからそれが行けるんでしょうけどアナログだと多分私アウトでした笑

デッサンが画になるぜ?





とにかく今私にできる技術全て集結させてこれですわ。

ただ、まだまだ成長していけたらと思います。

そして本を手に取ってくれた方が少しでも

私の絵に興味を持っていただければ幸いです。

そして今後もむっちゃ描くから。

ファッションイラストむっちゃサボってたから!

結構前からフォローしてくださってるフォロワーさんを

がっかりさせないから!




よろしくお願いします。

















追記

制作終盤らへんで、今回の白い文第二弾の書籍が最後かもしれないと耳にしました。

私は今後、第三弾、第四弾といろんなクリエイターさんに繋がると思っていたので

本当にびっくりしました。

今までの活躍を見れば、ちゃんと活躍されているイラストレーターの方に依頼することは容易かったはずです。

それをけしてお世辞にも上手いとは言えない私に依頼してくださったことを深く感謝しております。

それは私の拙い絵に共感し、何より同じクリエイター目線できっかけを与えてあげたいという

白い文さんの優しさだと思いました。

飛び抜けてすごい活躍は難しいかもしれませんが、与えていただいたきっかけをしっかりバトンとして

これからもちょっとずつですが成長していけたらと思っています。


ただ言葉だけでこれだけの人に共感するを得ることは容易でないと思います。

それは日々の積み重ねや努力、生きてきて得た経験値、そしてご本人の資質だと思います。

きっと違う形で活躍されるでしょうし、いつかまたいろんな形で出会いえると思いました。

てか懲りずに気が向いた時に第三弾出してもらいたいですね笑


楽しい時間をありがとうございました。

からじ


















コンビニが好きすぎる。






昔からコンビニ好きすぎる。


しょうもない事をブログに認めようとしてるのは十二分に承知だけどもコンビニが好きすぎる。


遍歴としては子供の頃、あげクンがあると言う理由でずっとローソン派だった。



ニート期にネトゲのWebマネーと食料を買いに通い、

社会人になりTSUTAYAとガソリンでもポイントが付いちゃうTカードを作ってからと言うもの

ヨーロッパを牛耳るローマ帝国並みにファミマが長期間支配し続け、

セブンがセブンカフェと言う革命を起こし、一時セブンなん?ファミマなん?

セブンカフェなん?カフェフラッペなん?的な

西ローマと東ローマを行き来するような時期を過ごすも

「セブンのつけ麺神いぃぃぃぃぃ」と味皇が口やら目から衝撃波出す勢いで

一気にセブンにハマると言う歴史であります。

(ローマ帝国何処に行ってしまったん



間に青春を謳歌したバイトしてたよサークルK期と

一人暮らしの時、御飯をパンパンに盛ってくれる上に食いきれないから

1つの弁当3回に分けて食ってたよポプラ期と言うのも間にあるんですが

コンビニが好きだったと言うところからは除外されるエピソードなのではしょります。




熱弁しといてなんだけど最近ローソン行くよね。

原点回帰? 

単純に自分んちの近くにローソン出来たからっつーだけなんですけども。

なんでこんなにローソン通うん?って言うくらい行ってるので

(実はタスポなしの喫煙者なんで必然)

誰かに言いたかっただけのブログです。



もちろん普段から色んなコンビ二を利用するんですけど。

コンビニがコーヒー頑張り始めてやっぱ訊きコーヒーしたりとか

コンビニによってこれが好きあれが好きってのはあるから使い分けしてるんですけど、

ローソンって本当にたまーにしか行かなくて。

正直マチカフェもそんな好きじゃなかったと言いますか。

コーヒーも特別旨い訳でもなく…レギュラーサイズの量も少ないのにちょっと高かったりとか。

セルフで無いのもちょっと痛いよね。

昔コンビニで働いていた身としてはドーナッツも含め店員の仕事増えるだけじゃねーかと

突っ込みたくなる…

でも店によるのか最近見ないけどローソンのホットフード系はもともと好きだなぁ。

おつまみになるようなホットフードが多くってつくねとイカ天だかイカフライだか

よく仕事中に小腹がすいたら食べてました(珍しいから)。

いうて改めてローソン通ってみて凄い変わってるかって言ったらそこまで思わないし

やっぱりセブンの御飯系が御膳上等だもんで他のコンビニも真似してもイマイチだから

ローソンで御飯物やら冷凍物を買う事もなく…

なんならそこそこの味のマチカフェに慣れてしまってあんまり美味しくないのがまた良しの領域。




そんな中、物でも人でも良いところを探そうとする天才の私ですよ(自称

どこのコンビニでも人気商品ってほどでもない一目にあまり付かない地味な商品を探すセンスのある私。

(まぁ私に見つかる位だからロングセラーで地味に売れてるんでしょうけども)


あれ好きですよね。

ローソンオリジナルの焼き菓子シリーズ。中でもチャンクスコーン。あとマカロン。

スコーンって案外どこでもなくって。

一番身近でもスタバしかないし近所のスーパーだとまず稀だし。

たまに中毒起して唐突に夜中焼き始めるって言う時期もあったけど基本料理嫌いだし。

マカロンも同様、

女子に『きゃわああああ♡』って言われる事はあっても味イマイチじゃね?

って言われる代物でさらに言うと結構あれコスパ悪いから一個が高いしでそれこそケーキ屋とか

デパ地下行かないと買えないんですよ。

それこそ中毒の時スタバ(優秀)にお世話になっててマカロン大人買いして

『マカロンうめえええあwせdr』と大量にあんな物に貢いでた時期がありました。


しかしローソンはこの二つが安定して置いてあるんですよね。

当時程でないにしろたまに食べたくなった時のローソンに置いてある安心感ですよ。



でも焼き菓子シリーズはわからんでもないけどデザートコーナーにあるマカロンって売れてる気配ないんだが

なんでずっと置いてるんやろうね 笑

ありがたいけど摩訶不思議すぎる。

(ちなベリー、ピスタチオ、抹茶、柑橘系のマカロン好きだけどチョコ味が嫌い)


そしてこんだけ好きって言っときながら最近チャンクスコーンに関してはまさかの

ドーナツシリーズで売り始めたからもう袋の焼き菓子シリーズで買わなくて良くなったって言う 笑

正直焼き菓子シリーズのチャンクスコーン凄い美味しいかと言ったら普通なんだけど

買えるとこないから買ってたくらいで…オーブンでチンして食べてましたから。

だからドーナツシリーズで出た時嬉し過ぎて友達に報告する始末ですよ。



ほかにはナチュラルローソン菓子とチルド飲料シリーズのスムージー。

女子力高杉ー。

チアシードとマキベリーのスムージー媚び杉ー。

(個人的にチアシードはキャロットジュースに邪魔な物入ってるだけの飲物だったんでマキベリーとグリーンスムージーのただただ身体にいいもの飲んでる感じがおすすめです)。

ナチュラルローソン菓子味が好きだから低カロリーだけど食い過ぎて意味なさ杉ー。



なんだかんだでローソン近くに出て物珍しさでハマってるんですよね。

セブンが王道だからローソンさんはそういう痒いとこに手が届くような商品で勝負してほしいです。

だから飯はセブン、お菓子類はローソン。





そしてここまでコンビニすきやねん話をしといてなんですけど

高いよねコンビニ。

セブンの冷凍食品は味の割に値段安いからすげーって思うけど全体の値段で言うとやっぱ割高ですよ。


一人暮らしを始めた時、実家が田舎でコンビ二が近くにない生活をしてたもんだから

初めてコンビニが徒歩圏内にある生活を始めて喜んでいたにも関わらず

会社の子と御飯行く以外はほぼ自炊だったり、お昼たまに使う事があっても

貧乏性なのと、実家から貰う米と野菜のおかげで弁当持参したりで結局そんな使わなかったんです。

(店長の代わりにテナント会出ますと言って弁当貰って返って食費うかす戦法など)

さらに言うとそこから結婚してうちの旦那が三食きっちり食べる人な上に自炊派で私より御飯も作れるし、

中途半端に食うくらいなら外食した方がいいと言う人だったもんで

ありがたい事にコンビニを頼らない人生だったんですよね。

だからコンビニが自分にとってのちょっとした贅沢で特別な物になっているのかもしれないです。




いい話にして終わりそうだから言うと実際旦那が自炊上手過ぎて結果私が自炊嫌いになってしまい

最近ではコンビニでいいんじゃね?って言ってしまってる感じですよね。

牛乳とバレンタインのチョコすらコンビニで買い始めたわ。

てか今も一人暮らししてたら家事しない喜びに目覚めてお菓子だけ食ってる生活に完全になってたっす。



なんなんこのブログ。













(熊本地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。私の知り合いの方にも熊本出身の方がおられて、GWに里帰りされると言っておられました。若いフォロワーさんの中には避難所から辛いと言うTweetなども沢山拝見しました。被災している方はもちろん、同時にそのご家族の方の心、身体ともに大事にして欲しいです。ようやく御飯は食べられる生活になったかもしれませんが、『当たり前』の日常がおくれない事の不安やストレスは凄まじいと思います。『当たり前』が出来るようになった時に人は安心できると思います。私は親戚に熊本の方はいませんし、被災してもいなければ経験もありません。けれど涙が出るくらい悔しいし悲しいです。そして報道を観ていつか自分自身に来るであろう災害の恐怖だってあります。何かの足しにとした募金なんてそんな自分の心の慰めにしかならないかもしれませんし、この言葉が被災した方々一人一人の現状に応じて届いたり、何の慰めにもならない、もしくは嫌悪する事もあるかもしれません。それでも私は応援して行きたいし、自分の生活の中で出来る事をやっていきたいです。そして1日も早い復旧を強く強く願っています。)




どもども。



あれ。

もう4月。






毎回毎回言い訳のように書いてますが、言いたい事多過ぎて疎かになっているブログです。

最近あった話を書きたいんですが…うーん。

いざ書いてみると忘れてるんですよね。

今思い出す限りで箇条書きで言うと

歯医者に通い始めた。

脱毛エステのお店を変えた。

初主婦オンリー女子会をした。

片目がすぐ奥二重にもどる。

頭痛薬が効かない。


どれも話が膨らまないネタばっかです。

なので強引ですが新年度の話題でも。





春ですね。

(久々すぎてブログのつかみがまったくわからなくなっております。)

こないだ運転していたらスーツを来た子供連れの茶髪夫婦が歩いてました。

入園シーズンだなーと同時に自分より若いなーと。

そんな歳になりました。


もう新社会人のひとは頑張って働いてるんでしょうね。

Twitter見てると高校生になったーとか大学うかったーとか言うのを見て

自分はもうそういうの全然関係ない生活してるんですけど、見てるだけでウキウキするというか。

いや本当関係ない人間なんですけどね。見てると楽しいです。

自分は正社員時代は中途採用だったので新人研修はあっても

入社式と言うものをした事が無く、同期もほぼいなかったので新卒と聞くと

そういう経験もしたかったーなんて思うのです。

自分は大学も行ってなくて20歳前後は正直フリーターでフラフラしてたから

新卒さん自体凄い尊敬するというか羨ましい。


しかしながらこれでも(仕事の出来ない)中間管理職だったんで入社式に参加した事はあって。

会社が入社当時規模も小さく、新年度に新卒が入って来ても入社式はしなかったんですが

店舗数や社員数も増え始めた頃に初めてすると社長が言い始めて、自分も参加させてもらったんですよね。

(その時初めてスーツを買ったっす)

言っても100人いたかいなかったか位かな。

それはそれは新鮮だったですよやっぱり。


んでsnsとか見てるとたまーに『辛い』とか『学生がよかった』とか『しんどい』とか

この時期新卒さん特有の悩みや愚痴見ると初めて参加したその入社式をすっごい鮮明に思い出すんですよね。

なんて言うのかな。切なくなると言うか。

やっぱね。

社会に出たてのスタートラインって皆違うじゃないですか。

メンタル的に。

それを当時実際に感じたんですね。


見るからにやる気に満ち溢れて周りの同期にライバル意識を持って取り組む新入社員もいれば

周りに気後れしてオドオドしている子もいれば

淡々としている子もいれば…。

すでに泣きそうな子もいれば…。

入る会社間違ったかもしれないと言う態度ですでにだれてる子も居て 笑

その雰囲気を一気に感じ取ってこれが新社会人なんだなと思いましたよね。

(皆の緊張もすっごい伝わる)

入社式の前から現場に入って働いてもらっていた子ですらやはりひとりひとりスタートが違って

最初から上手くできる子もいれば全然できなくてずっと下向いてる子もいたりで。

自分もどちらかと言えば後者に近い人間だったからそういう子の気持ちが凄い分かると言うかね。

もちろん会社って入ってみなくちゃわかんないから最終向き不向きもあると思います。

一番が人間関係でその運もあって仕事辛くても頑張れるか頑張れないかってあると思うんですけど。


じゃあうまく出来ない子がどう頑張ったらいいの?って言われると答えは出しにくいとこなんで

なんでこの記事書いてんだって話なんですけど 笑

頑張ってほしいよね(アホ



でもねー出来ない一応大人の自分が唯一の助言をするならば

出来なくても前のめりで頑張ってほしいって事ですかね…。

前のめりってのがポイントでね。

出来る子と出来ない子の差ってもともとの要領が良い悪いの差もあるんだけど

やっぱ行動力が全然違ってて。

気後れしちゃってる子や悟ってる子に比べたらそういう子はチャレンジしてる回数が明らかに違うし

案外失敗もその都度ちゃんと経験してるから落ち込む前に吸収して出来るようになってるんですよね。

それが出来ない子はやっぱり経験する前に怖くてそれもできないといいますか。

急激にブログの色がかわっちゃう話になっちゃいますが

自分は当時恋愛依存体質のクソメンヘラ女でアルバイト経験しかないぬるい生活をしてきた自分に

鞭を打つために正社員になったという経歴の持ち主だったりします。(中間半年ネトゲ廃人半年消息不明)

こんな人間が助言とか学生時代頑張ってた人には失笑を買うやもしれませんが…

はっきり言って仕事はできる方でもなかったし上司にうまく振る舞える方でも

人望もあった方でもありませんが今恥をかいてでも失敗しまくらないと

本当のくそ人間になると思って自分でも褒めてあげたいくらい当時は失敗しまくって。

でも出来るようになりたい一心だったんですよね。

結果まあ今でもクソはクソなんですけども。

出来ない中間管理職の出来上がりです。

そんな自分でもできるようになるんですよ。

クソも肥やしになって少しは人の役には立てるようになるんです。


イヤな上司も居ましたが苦しい時期も含めて本当にいい社会経験をしたし

当時の自分が今の自分に繋がってる…なんてテンプレのような事しか言えないんですけどね。


とにかく辛いかもしれないけれど、初給料で美味しいものを沢山食べてほしいなと思うし

自分はどう考えても子供の頃より発想は乏しくとも野望や目標や趣味さえあれば

社会人の方が自由度は高いし我が儘できると昔から思ってる人間なので

社会人だから出来る自由を楽しみつつ仕事に慣れていってほしいなって思います。

はい。

とか散々言っておいて辛さを緩和するような助言なんてないっすから。

自分自身に頑張ってるって言い訳じゃなく本心から言ってあげられるのって

結局頑張るしかないんでね。

最近は頑張ってってのも言い過ぎるとすぐ春鬱だの夏鬱だの秋鬱だの冬鬱だのなるからー

って年中鬱じゃねーかみたいな『頑張っては禁句』な風潮はあるんですけど。

(死ぬ勢いで無理しろって誰も言ってませんし。

『頑張って』は応援みたいなもんです。はい。






しかしですね。上司、先輩問題ですよ。

そういう子を生かすも殺すも先輩社会人の器量が結局は一番で。

自分が新卒さんを扱った時も

たまたまうまく助言できた子はビックリするくらい頑張ってくれてたけど

明らかに助言に失敗した苦い思い出も正直あります。

自分自身嫌いな人はいたけれど、上司には恵まれていたんで

早く仕事を覚えて上司の手間を減らしてあげたい、早く役に立ちたい

って気持ちにしてくれたのもやっぱり上司の人柄や頑張る姿勢や

日々の指導力だなって思うんですよね。


だからまとめると新卒にってよりこのブログは



既存の正社員に捧げたい



以上。




なげーよ。










そんな社会経験をしたとドヤる本当は肥やしにもならない人間の

肥やしにもならないメッセージはとりまおいといて。

絵の宣伝、話を簡単にさせていただきますとー

5月中旬かな?位にはそれこそドヤーっと見せれるものが出来るかなと思います。

他は後にも先にも全然公表できないお絵描きのお仕事をさせて頂いています。

(あとなんかサンプル用の描いてーって言われた何か)

今この2つで手一杯。

なんで(本当に)たまーに『楽しみにしています!』って言ってくれている方には

申し訳ないのですがあんまし新しい絵は更新できませんが出来る限り頑張って

Twitterなりインスタなりでアップさせていただきますのでよろしくお願いします。

6月はフリーダムやで!



早さもだけどいい加減うまくなりてーな。

と、思う今日この頃でした。





新社会人、学生!頑張れ!!私も頑張る!






































あらためまして

新年明けて初ブログになります。

明けましておめでとうございます!

おそっ。

師走にスマホから長文のブログを書いてたのに間違えて消してしまい心が折れてしまいました。

もうスマホから書かん。

そう誓った2016年。




元気です!

イラストのペース完全に落ちとんな!と、思われてるかも知れませんね。

実際年末年始挟むとなかなか描けないもんで、1月中旬になってようやく通常運転で描けるようになりました。

案外今ヒマ 笑

帰宅は遅いけど実質ヒマです。

しかしアップするペースは上がっていない。

それは何故か。



ありがたい事にイラストをSNSなんかにアップして人に見てもらうようになってざっくり1年経ちました。

しかし去年1年振り返ると、アップするイラストだけでいっぱいいっぱいになって

目標にしていたグッズやら本やらのイラストにまーったく手を付けれなかったのが現状でした。

去年は多分それで良かった1年。

なんなら絵を人に見せるようになった事で初めてを沢山経験しました。

色んな出会いもあったし、見てくれてる人の声も聞けたり。

何より絵を描く人と繋がれて、そこからパワーを貰って向上心が出来て。

人生で一番絵を描いたんじゃないかな。


でも今年はTwitterとインスタの為だけのイラストばかり描いてても仕方ないなと思った元旦ですよ…





…いや、元旦は多分なんも考えてなかったんでここ数週間ですかね。

正月はずっと飲んでたんでね。


だから今年の目標を自分なりにたてました。

繋がる為のイラストを去年沢山描いたから、今年はSNSにアップするイラストと同時進行で

本やグッズにする為のイラストもちゃんと描こう!と。



しかしいかんせん描くのが遅い。

Twitter観ててもフォロワの上手い方はサクサク描いてアップするんですよねー。

自分なんてラフすらしょぼ過ぎてアップ出来ないレベルだから時間かけて仕上げないと見せれたもんじゃないんですよ。

それこそ去年はそれでも良かったんです。

下手でも最後まで仕上げる事が大事だと思ってたから。

でも定期で描いてるファッションイラストですら引くくらい時間かかってますからね 笑

あんなもんにそんな時間掛かってんの!?って思われるくらいかかってますから。

色決めるだけで1時間はかかってますから!!

なのに同時進行って。

そりゃあつぶやきだけのTwitter。

フォロワ減る。

(脱毛に行ったと言うTweetで3人減った件)




趣味でやってる事なんで自分のペースで描けばいいと言えばそれまでなんですけどね。

それでもこんな自分のイラストを観てくれてる方がいるんだったらちゃんと沢山アップ出来たらいいなって思うし、

折角1年こつこつ描いて得たコラボの恩恵や、インスタのフォロワさんだとか

短いながらもちゃんと積み重ねて来た結果が少なからずある訳だから

観てもらうチャンスを逃さないようにアップするだけのイラストだけじゃなく、

形にのこるイラストも同時に生み出せたらいいなと目標を立てたわけです。


1番は通常のアップ用イラストを前と同じペースで描いてその間に別のイラストを描けてたらベストなんですけどね。

生存確認のために 笑

できんやろなー。

自分の気持ち的には去年よりは枚数描くつもりですけどね。

1月、まだ3枚くらいしか描いてないけどね。






とりまアップしてないだけで結構描いてるんですよ。

実質春くらいにはお見せ出来るものも増えてると思います。

色んなタッチのイラストとかも描きたいし。

季節のイラストはやっぱちゃんと節目に描きたいなー。



去年の今頃描いてたイラストとか見直すとイラストの下手さ以前に

フォトショの使い方が下手過ぎて恥ずかしい恥ずかしいwwwww

同時に絵柄が今と昔では凄く変わってて、当時は基礎に習って写実を意識して描いてたから

今の絵が自分らしく砕けてきてて好きです。

自分的に成長。

継続は本当に力なり。



今宵も描くぜ!


















正直ワインがぶ飲みして眠い。

今年の目標に節酒も入れとくか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。